ブルーライトとは?またその対策とは?

ブルーライトとは?またその対策とは?

 

ブルーライトとは、パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明に多く含まれている青色の光のことを言います。ブルーライトはその波長が380〜500nm(ナノメートル)と非常に短く、その短さは人間の目で見ることの可能な可視光線の中で一番です。短いだけでなく、強いエネルギーを持っているため、角膜や水晶体で吸収することが出来ず網膜まで届いてしまいます。

 

ブルーライトは波長が短いので、同じく波長の短い紫外線に最も近い、そして強いエネルギーを持つ光となっています。そのブルーライトは体や目に大きな負担をかけると言われており、厚生労働省も「1時間デジタルディスプレイを見た際には、15分程度の休憩をとる」ことを推奨しているほどです。

 

今は省エネ化でLED電球が増え、パソコン、スマートフォンも現代人の必須アイテムというほど普及し、そのため私たちの日常生活の中でブルーライトの暴露量は非常に増えているため、目の健康にはくれぐれも注意していかなくてはいけません。目の疲れだけでなく精神的疲労の原因となるブルーライトは、就寝前に長時間見てしまうことによって体内時計のリズムも乱されてしまい、よく眠れないなどの睡眠障害を引き起こすこともあるので、そういった面でも気を付けていかなくてはいけません。

 

そのブルーライトを少しでもカットするため、いくつかの対策をご紹介します。

 

@ ディスプレイの明るさ、青色光を調節する

 

簡単に出来て効果的なものとして、ディスプレイの見え方を調節するという方法があります。ディスプレイの明るさを下げると、光の影響自体が少なくなります。ディスプレイの光には青色以外のものももちろんあるのですが、全体の明るさを下げることによって、青色の光も軽減できます。パソコンによって方法が異なるので、お持ちのパソコンの明るさ調節の部分で試してみていただきたいと思います。
また、青色の光のみの輝度を下げるという方法もあります。青色だけを下げるので赤と緑の発光が大きくなることにより画面に赤みがかかるのですが、慣れれば問題なく使え、効果的にブルーライトを軽減することが出来ます。

 

A ブルーライト軽減アプリを使う

 

スマートフォンのアプリには、ブルーライトを軽減してくれるものがあります。これは非常にお手軽にブルーライト対策が出来るので、ぜひ試してみると良いでしょう。

 

B ブルーライト対策メガネを使う

 

大手メガネチェーンなどが、パソコン用の眼鏡としてブルーライトを軽減してくれるメガネを販売しています。パソコンでもスマートフォンでも両方使えますので、画面調節などが面倒な方にはおすすめの商品です。

 

C ブルーライト軽減用の液晶フィルムを使う

 

パソコン用、スマートフォン用ともに、ブルーライト専用フィルムというものが販売されています。画面調節も必要なく、メガネもいらないので、そういった煩わしさはありません。

 

D 目の疲れに効果のある栄養分を摂取する

 

ブルーライトによる眼精疲労がひどいのに、どうしても仕事でパソコンを使わなくてはいけないといった場合などには、ビタミンなどが豊富な食材を摂取するのも効果的です。また、目に良いと言われているビタミンを多く含むビルベリーサプリを摂取するなどして、体の内側から目の健康を意識するというのも一つの方法です。

 

ブルーライトは、必ずしも絶対に悪いものではなく、体内時計を調節するために、1日のうちで浴びた方がいい時間帯もあるということが最近の研究で分かってきたそうです。ですが、浴びすぎて目を酷使することで、体に悪影響が出るということも事実です。ブルーライトを軽減する方法は様々なものがありますので、影響を最小限に抑え、目の健康に気を付けていただきたいと思います。